東京モンブラン

飲食店レビューブログ、東京モンブランです。このブログでは伺ったレストラン、カフェ、パティスリーなどをレビューしていきます。このブログがどうか皆様の飲食店探しの参考の一助になれたらと思っています。

ヤナカ スギウラ/日暮里

f:id:suiren1114swing0225:20170908211203j:plain

スギウラ
日暮里駅から徒歩5分、朝倉彫塑館の向かいにあるフレンチレストラン。シェフは『オストラル』、『レピキュリアン』を経て渡仏。『グランヴェフール』、『メゾン・ピック』で修行。帰国後は銀座の名店『ラールエラマニエール』の総料理長に就任。2015年に当店をオープン。
オープンしてから間もないときからお店の存在は知っていましたが、なかなかタイミングがあわなかったり、電話したら満席で断られたりして、やっと行けることに!

f:id:suiren1114swing0225:20170908212625j:plain

テーブルセッティングはカジュアル。同じカトラリーをとおしで使います。

f:id:suiren1114swing0225:20170908220532j:plain

スパークリングワインが600円。「シャンパンですか?」「シャンパンです」ほんとかよ、、いまでも疑っている。

f:id:suiren1114swing0225:20170908212852j:plain

鰹のミキュイ 契約農家の野菜
前菜のボリュームではありません。鰹でかし、サラダ多し。フレンチ行くとよく鰹にあたるのはなぜなのか? やすいのか。
しかし理由はどうあれ、これだけのポーションで提供するのはすごい。皿にドンっ、って感じです。鰹は半生調理ですがいやな臭みが感じられなく、野菜は瑞々しく清潔な味がしました。これだけでお腹いっぱいになりそうだよ。

f:id:suiren1114swing0225:20170908213537j:plain

パンはフォカッチャ。自家製らしく、オリーブと塩気が効いていておいしい。ただしこれ、おかわりに+150円かかります。

f:id:suiren1114swing0225:20170908213734j:plain

ほたてといかはロティされて、下にはブロッコリーのソース。からすみが振りかけてあります。おいしいんですが、特に印象はなかったです。ただ、ポーションがフレンチらしくて安心しました。あのペース続いたら無理よおれ、ってびくびくしてましたからね。

f:id:suiren1114swing0225:20170908214306j:plain

連れがとったスズキのポワレ。ソースは甲殻類。クラシックな取り合わせに、写真映えします。ひとくちもらいましたが、魚はもちろんソースも丁寧に仕上がっていました。連れは図らずも、鰹、いか、ほたて、スズキと、魚介フルコースになりました。

f:id:suiren1114swing0225:20170908214839j:plain

一方の僕は鶏肉。大山鶏の胸肉で、ナイフを入れると、『ぷにっ』とした感触。まさか、生焼けじゃないよな、、
恐る恐る切ると、断面は白く、生焼けではなく、しかしやわらかさがえげつない。なにこの火入れ。なんだか食べたことないような食感に唖然。これが完璧な火入れってやつなのでしょうか。味以前に、もうなんか感動しました。腹壊さないかなという不安はありましたが。実際腹は壊しませんでした。

f:id:suiren1114swing0225:20170908215632j:plain

デザートは桃を主体にクリームのムース。これはおいしかったなあ。とくにムースはあまさひかえめで、なんとなくパンナコッタみたいな感じ。

f:id:suiren1114swing0225:20170908215849j:plain


コーヒーを飲んでごちそうさまでした。
すなおに良店を発見したなと思いました。前菜、魚介、肉、デザートを食べて3800円。サービス料金はなし。すばらしいコストパフォーマンスです。
ただ、お店の雰囲気はだいぶカジュアルで、お客さんの声も大きく、ハコも小体なので、勝負するために使うにはちがうかもしれません。気軽なデート、肩肘張らずにフレンチを、そんな感じです。冬にまた行きたい! おすすめです!

ア・ニュ・ルトゥルヴェ・ヴー/広尾

f:id:suiren1114swing0225:20170821152005j:plain

ア・ニュ・ルトゥルヴェ・ヴー
広尾にある有名なフレンチレストラン。2016年までミシュランガイドにて1つ星でしたが、2017年版で降格し無星に。しかし平日にお邪魔したのですが、ほとんどの席が埋まっていて、星を落としても勢いまで落としているようなことはありませんでした。
当店のシェフは下野シェフ。六本木の『ヴァンサン』で基礎を固め、『ル・ブルギニオン』ではスーシェフを経て渡仏。『トロワグロ』、『タイユヴァン』などで修業後帰国、『ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(現レクテ)』でシェフを勤めたのち、当店をオープン。
ル・ブルギニオンの菊地シェフのもとで働き、そういえば『ラ・ファソン 古賀』の古賀シェフもトロワグロで経験ありだなと思い当たり、これは間違いないと来店。

f:id:suiren1114swing0225:20170821171912j:plain

テーブルセッティング。お皿がかわいらしい!

f:id:suiren1114swing0225:20170821172143j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170821173819j:plain

コースは、3種類から。3800円のコースにしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170821222523j:plain

オリーブオイルとバター

f:id:suiren1114swing0225:20170821222625j:plain

フランスパン
これ、ほんとおいしかった。これまで食べたフランスパンでいちばんかもしれません。フランスパンはふつうミルクを使いませんが、なんだかクリーミーさすら感じられるくらいのゆたかさが感じられました。4、5個食べた。

f:id:suiren1114swing0225:20170821203115j:plain

トウモロコシのタブレサラダ 魚介のタルタル
連れのとった前菜。タブレサラダとはクスクスを使ったサラダ。フランスでは国民食のように親しまれているみたいです。ポーションがかなりあります。

f:id:suiren1114swing0225:20170821205332j:plain

鶉のベニエ
本日のオードブルが鶉を聞いて即決。ベニエは揚げ物。骨を持って食べると、抵抗なく骨から肉が離れる柔らかさ。味付けにはなにやらスパイスを使っていると説明されましたが、忘れたよ。

f:id:suiren1114swing0225:20170821210338j:plain

本日の魚料理
魚はあらかじめ決まっていました。出てきたのは鯛と甲殻類のスープ。このスープがうまい。ビスク仕立てで甲殻類のうまみがとても強く出ています。塩のバランスも最高。

f:id:suiren1114swing0225:20170821212153j:plain

三元豚のスペアリブ炭火焼き
強気な火入れにがっつりポーション。最近のフレンチはポーション多いな。連れがとった肉料理です。

f:id:suiren1114swing0225:20170821220033j:plain

本日の肉料理からハツ。こちらもけっこうなサイズ。大きな塊で火入れして身をやわらかく仕上げているみたいです。ハツは好きな部位なのでついついあると頼んじゃう。

f:id:suiren1114swing0225:20170821221706j:plain

レモンのタルトシトロン 塩ピーナッツアイス
連れのデザート。きれいというよりもかわいらしい見た目で和みます。

f:id:suiren1114swing0225:20170821222002j:plain

ピスタチオとグリオッドチェリーのとろけるムース
ピスタチオとアーモンド香るグリオッドチェリーのソルベ
名前が長い、、
みどり色のがムースで、ピスタチオの特徴的な風味に加えて、グリオッドチェリーの甘酸っぱさがバランスよく調和しています。ソルベもチェリー色満載。おいしかった。

食後にコーヒーを飲んでごちそうさまでした。最近コーヒーを撮り忘れることが多々あり、写真はなし。コーヒーおいしかったです。


ぜんたいのバランスが整ったすてきなお店でした。でもなんだか、今回はパンがすべてをかっさらった印象がどうにも強い。パンがほんとにおいしかったのか、この日、僕がパンについて非常に敏感だったのか、、
どちらかはわかりませんが、僕としてはパン目当てでまた行きたいくらいでした。きっと個人差はあると思うので、参考までに。

ミシュランガイド・フードフェスティバル2017in横浜

f:id:suiren1114swing0225:20170819133749j:plain

ミシュランフードフェスティバルin横浜
ミシュランガイドに掲載された店舗が集まってのフードフェス。今回が日本初。情報収集もそこそこに、いざ。

f:id:suiren1114swing0225:20170819163819j:plain

ミシュラン』って聞いたことはあるけど、実際になにかよくわからんって人も多いと思いますが、ミシュランは車のタイヤのメーカーです。

f:id:suiren1114swing0225:20170819164358j:plain

中に入るとチケット売り場が!このフェスでは、事前にチケットを購入して、食べたいお店の料理に必要な枚数を渡すシステム。チケットは1枚1000円。3枚買いました。

出店舗を以下の通りです。
※記載は順不同。

店名/料理ジャンル ☆or◎
☆:ミシュランガイドにて星つき
◎:ミシュランガイドにてビブグルマン

※ビブグルマンとは
コストパフォーマンスの高い飲食店・レストラン
丁寧に作られた良質な料理が手頃な価格で食べら
れる(公式ホームページより)

・オ デリス ド ドティーヌ/フレンチ ◎
・クラフタル/フレンチ ☆
・笄軒/洋食 ◎
・中華香菜ジャスミン/中華 ◎
・精進料理醍醐/懐石料理 ☆☆
リストランテツヅキ/イタリアン ◎
・黄金の塩らぁめんドゥエイタリアン/ラーメン ◎
・酉玄/焼鳥 ◎
・てんぷらはやし/天ぷら ◎
・ピッツェリア パーレンテッシ/ピッツェリア ◎
・プーレ・ヴァン/焼鳥 ◎
・ベント エ マーレ/ピッツェリア ◎
・ちゃんこ 増位山/居酒屋 ◎
・リゾットカレースタンダード/イタリアン ◎
・レ ピフ エ ドディーヌ/フレンチ ◎
・スイーツショップ(ミシュランガイド、フードフ
ェスティバル実行委員会)

有名店もちらほら。とくに中目黒に店を構えるモダンフレンチのクラフタルは最近ぐんぐん知名度を伸ばしている星つき店。

f:id:suiren1114swing0225:20170819175509j:plain

すごい行列が、、

f:id:suiren1114swing0225:20170819175954j:plain

クラフタルでした。
我々が会場に着いたのは10時30分ごろで、クラフタルに呆れるような行列が。ほかのお店はぽつりぽつりといった具合。連れが果敢にクラフタルに並ぶ。僕はおとなしくほかの店へ。行列大嫌いなんで、、

f:id:suiren1114swing0225:20170819180332j:plain

と思いましたが、着いたときにはほとんどテーブルに空きがなかったので場所を確保。

f:id:suiren1114swing0225:20170819181107j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170819181315j:plain

クラフタル 十勝ハーブ牛のクラブサンド
パンのサイズだけ見るとそれほど大きくないものの、挟んである牛肉がしっかりした厚みとサイズ感。ソースはデミグラス系、スクランブルエッグがクリーミーで全体的にまとまりのある一品です。
ですが、クラフタルは本来モダンフレンチ。フォトジェニックな料理が話題の店なので、このサンドをクラフタルが作る意味は正直わからない。しかも価格はチケット2枚。つまり2000円。高い、、

f:id:suiren1114swing0225:20170819195453j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170819195645j:plain

さて、一方の僕は精進料理の醍醐。僕はいちばん好きなジャンルがフレンチなのですが、だからといって日本食が嫌いというわけではなく、単純に日本食は高すぎて手がつけられないだけ。だからこうした場所で日本食の精神を感じられるのはとてもうれしいこと。
しかし食べるのはカレー。どこが精進料理なのかというと、このカレー、だしやバター、動物性の食品を一切使っていないんです。カレーなのにその発想は精進ならでは。味はというと、驚くほど深みがあって、スパイスもきちんと効いたカレーに仕上がっていて、なおかつ動物性油脂も含まれていないからあっさりと胃もたれしない。ここまで割りきって、精進のルールでカレーを作り成功させる力量はほんものです。ちなみにこちらはチケット1枚です。


今回のミシュランフードフェスが、僕にとってはじめてのフードフェス参戦になりました。なんだかいろいろ考えさせられました。そのことについては、またあらためてまとめてみたいと思います。
ミシュランフードフェスは8月20日(日)まで。興味のある方は足を運んでみては。

三河屋/西麻布

f:id:suiren1114swing0225:20170815173218j:plain

三河
西麻布にある定食屋さんです。、、西麻布に定食屋!? って思いますが、ちゃんとそういうお店もあるんです。

f:id:suiren1114swing0225:20170815175924j:plain

水・土・日・祝日が休み、なおかつ営業時間は11時30分から14時30分。
ということは、1日3時間×4日=12時間
1週間に12時間しか営業してない、、そんな飲食店があるなんて。
さ・ら・に!!
ご飯がなくなったら営業終了、実質2時間くらいしか営業していないらしいです。12時間より短いですねこれは。

ちなみに上の写真は別日に撮りました。来店日は行列で写真が撮れなかったので。

f:id:suiren1114swing0225:20170815181107j:plain

カウンターに通されました。注文は列に並んでいるときに聞かれたので座ってひたすら待ちます。カウンターの上にはキャベツが盛られた皿が用意されています。目の前でがんがん揚げ物が揚げられ、さくさく包丁が入る。10分くらい待って定食ができあがりました。

f:id:suiren1114swing0225:20170815182002j:plain

ミックスフライ定食
すげえ。引くくらいに盛られています。

f:id:suiren1114swing0225:20170815182852j:plain

鶏は胸肉。断面が肉の油と水分に満ちて、噛んでやわらかい火入れ。まったくぱさついていない。

f:id:suiren1114swing0225:20170816143413j:plain

俵型の小ぶりなコロッケ、とはいえ2つあれば大したボリュームです。中はほくほくでひき肉入り。

f:id:suiren1114swing0225:20170816143736j:plain

こちらのメンチも俵型で1本ずっしり!肉の色味が白いので、配合に鶏肉入っているのかな、油が瑞瑞しくさっぱりしています。見た目より重くない。

f:id:suiren1114swing0225:20170816144044j:plain

ハムカツも食べ応えありの一品。ひさびさに食べましたが、やっぱりおいしい。ハム揚げただけなのにね、、


ミックスフライ定食、1000円。すばらしい。西麻布でこの価格、このボリューム、人気なはずです。
そして接客をしている女性が活気に溢れていて、常に笑顔を絶やさずにこやか。名店には名店員がいるものです。
ただ、営業時間が短い、土日祝日が休みということもあり、行くこと自体の難易度が非常に高い。しかし、機会があればぜひ行ってみてほしい名店。ごちそうさまでした!

ケバブバー/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170815162506j:plain

ケバブバー
六本木通りに面したケバブのお店です。見た目がド派手で目立つ。

f:id:suiren1114swing0225:20170815162909j:plain

肉がくるくるまわっておられます、、

f:id:suiren1114swing0225:20170815163332j:plain

棚にはおびただしい数の缶が。

f:id:suiren1114swing0225:20170815163615j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170815163757j:plain

ケバブサンドにしました。キャベツの量がはんぱない。

f:id:suiren1114swing0225:20170815164841j:plain

中身は大量の鶏肉と、ふっといピクルスが入っています。鶏肉はやわらかくスパイスが効いて、ピクルスは主張が強くないものの、味に変化を与えてくれていい仕事してます。これまで食べたケバブのなかでは断トツでボリューミーで食べ応え抜群です。

f:id:suiren1114swing0225:20170815165609j:plain

後日、ケバブ丼を買いました。これはケバブをそのまま丼にした品。辛めにしたら、だいぶ辛かったです、おいしかったけどね、、


六本木にはめずらしいケバブ屋、このまま継続してほしいな、また来ます!

サッカパウ/西麻布

f:id:suiren1114swing0225:20170703211306j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170703211455j:plain

サッカパウ
西麻布交差点近くにある、イタリアンレストラン兼バーのお店。きょうはサッカパウを行きつけにしている料理人と飲みます。サッカパウが行きつけとか何者だよ、、

f:id:suiren1114swing0225:20170812103623j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170812103509j:plain

カウンター席がとにかく洒落ています。地下にあるお店なので、地上の雑踏が響きません。

f:id:suiren1114swing0225:20170812103809j:plain

22時半くらいから入店したので、メニューはバー仕様。

f:id:suiren1114swing0225:20170812104209j:plain

コースメニューから「これが食べたい!」という一品を決めて食べることも可能みたいです。融通の効くお店です。

f:id:suiren1114swing0225:20170812104426j:plain

連れの取った白ワイン。銘柄は覚えていません。以外、すべてのワインの銘柄はよく覚えていません、会話が弾んでしまって、、
ただ、サッカパウは旧世界のワイン(ヨーロッパなど、ワインの歴史が長い国のワイン)より、新世界(近年ワインの生産が始まった国、オーストラリアやアメリカ、チリなどのワイン)のほうが多め。日照時間が長いため、ぶどうが熟して果実味が強いものに仕上がる傾向があります。

f:id:suiren1114swing0225:20170812105245j:plain

僕はサングリア。最近強いお酒を避けていますので、これでがまんです。とはいえこのサングリア、なかなか侮れないおいしさです。

f:id:suiren1114swing0225:20170812105438j:plain

つきだしの品は、黒いのが竹炭の煎餅、もうひとつは忘れた。味はふつうでしたが、なにこれ!というアミューズの高揚感を演出してくれました。

f:id:suiren1114swing0225:20170812105808j:plain

カトラリーは引き出しから。これだけカウンターが洗練されていたら、上にごちゃごちゃ置くと邪魔なんでしょう。よく考えられています。

f:id:suiren1114swing0225:20170812110030j:plain

ポテトフライ
ベタな品ですが、かかっているものは玉ねぎとマッシュルームの粉末だったかな? らしいです。はずさない一品。

f:id:suiren1114swing0225:20170812110259j:plain

菜園風サラダ
とってもフォトジェニックでうつくしいです。サラダにはたくさんの野菜があしらわれ、なかでもホワイトアスパラガスがしゃきしゃきとおいしい。横には野菜のピューレ。上からパプリカ、にんじん、たまねぎ、ビーツ、グリンピース、セロリ、エストラゴン。、、だったかなあ、、笑

f:id:suiren1114swing0225:20170812110957j:plain

連れの赤ワイン。

f:id:suiren1114swing0225:20170812111124j:plain

生ハムの盛り合わせ
4種類の生ハムです、いずれも上質なのですが、ロースの生ハムがいちばんおいしかったなあ。

f:id:suiren1114swing0225:20170812111320j:plain

と、ここでお店からワインのサービス!赤ワインほしかったんですよーありがとう行きつけのひとはやっぱりちがうわ。



すてきなお店でした。さすが東京!西麻布!って感じでした。がちゃがちゃしていない、落ち着いた大人なお店、自分ひとりだったら絶対に入らないもんなあ、、自分の知らない世界を知っているひとと知り合いだと、たのしい体験ができてうきうきします。
次はディナーでコースを食べたいな。

七志/渋谷

f:id:suiren1114swing0225:20170703211042j:plain

七志
ラーメン屋です。渋谷道玄坂はラーメン激戦区らしく、見渡すかぎりラーメン屋。しかしながらわたし、ラーメンそんなに好きくない、、
でもときどき入りたくなるのも事実で、きょうがそれでした。

f:id:suiren1114swing0225:20170730164014j:plain

黒ごま担々麺の大盛にしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170730164808j:plain

おもしろい案内書が!

f:id:suiren1114swing0225:20170730164855j:plain

黒ごまがすり鉢に入ってやってきました。僕はこういう客に任せるスタイルが好きじゃないんですよね。来たのが夜なだけに、仕事帰りにごまを擦りたい人がいると思ってるのか? と聞きたい。

f:id:suiren1114swing0225:20170730165748j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170730165836j:plain

豚骨ベースに黒ごまとにんにくが効いています。擦ったごまも投入。ごまの風味が強くなり味としてのグレートが上がりましたが、自分で擦ってまで入れたいとは依然思えず。麺は中太です。スープがおいしいんですが、いまいち絡んでいるように思えませんでした。


お会計、1040円でした。大盛が+110円かかります。わかってはいましたが、ラーメンで1000円越えてくると悲しくなりますね、やっぱり。そして味もふつうとくると、、

そもそも僕はラーメン好きではなく、好きじゃないがゆえに非常に厳しいんです。僕のラーメンレビューは厳しいので、参考にならないかもしれません、すいません、、