東京モンブラン

飲食店レビューブログ、東京モンブランです。このブログでは伺ったレストラン、カフェ、パティスリーなどをレビューしていきます。このブログがどうか皆様の飲食店探しの参考の一助になれたらと思っています。

ぶどう酒食堂さくら/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170628112614j:plain

ぶどう酒食堂さくら
母体会社はトゥエンティワンコミュニティ。ワインを主に取り扱い、その業態から飲食店を展開。六本木に自社ビルを構え、『ワインショップソムリエ』をはじめ、フレンチ主体の『ル プティ マルシェ』、ブーランジェリー『ラトリエ デュ パン』、パティスリー『ココ アンジュ』、そして本日お邪魔する『ぶどう酒食堂さくら』すべてがこのビル内に入っています。
『ラトリエ デュ パン』と『ル プティ マルシェ』は訪問歴がありますが、写真不足なので後々記事にできたら!

f:id:suiren1114swing0225:20170707002033j:plain

建物の一階にあるのが当店。大きなピザ窯が迫力あります。

f:id:suiren1114swing0225:20170707002102j:plain

ル プティ マルシェでもそうなのですが、シャンデリアのガラスがワイングラスなんですよ!ワイン専門会社ならではのプレゼンテーションですね。すてきです。

f:id:suiren1114swing0225:20170707002329j:plain

カトラリーは引き出しから。

f:id:suiren1114swing0225:20170707002409j:plain

メニュー表が手書きでかわいらしい!1800円のコースにしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232011j:plain

五島列島福江島より活じめ鮮魚のカルパッチョ
お魚はハチビキとヒラマサ。赤いほうがハチビキです。はじめて聞いたわ。
魚は店に入る際にキッチンで丸々一匹をさばいているのを見ていたので、おいしいだろうなと選択したらやっぱりおいしかった!新鮮だから生臭くなく、添えられた海藻の食感もgoodだよ。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232604j:plain

サーモンの自家製マリネ
連れの前菜。ひとくちもらいましたが、ぱっとしませんでした。見た目も少し地味です。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232739j:plain

パンはフォカッチャ。もちもちした食感がおいしいんですが、温かくない。温めなおしてほしかった。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232928j:plain

有機トマトのスパゲッティー ポモドーロ
ソースはぐつぐつ炊かれたものではなく、トマトは固形を残したフレッシュタイプ。トマト甘し。味は文句ないのですが、茹でがすこしかたい。

f:id:suiren1114swing0225:20170708233315j:plain

ズワイガニプッタネスカ
『娼婦風』の意味を持つパスタで、娼婦は忙しくていろいろなものをごたまぜにして食べていた、などその名称の由来は諸説あるそう。ケッパーやオリーブなどのうまみの強い食材が入り、トマトソースと抜群に合います。しかしプッタネスカお決まりの唐辛子とその辛さが見当たらない。当店は辛く仕上げないのかしらん。

f:id:suiren1114swing0225:20170708234659j:plain

ティラミス。うまい、、サイズ感もちょうどよく、クリームのなめらかさがすばらしい。ふわとろです。本日いちばんのお皿。

f:id:suiren1114swing0225:20170708235246j:plain

連れはシャーベット。なんだろう、最近のシャーベットって、いわゆるしゃりしゃり系ではなくなったの?行き当たるシャーベットみんながなめらかタイプなんですが。そしてこのシャーベットは味がよくわからなかった。色が茶色なので、キャラメル風なのかもしれませんが、ふつうのバニラアイスとかわりません。

f:id:suiren1114swing0225:20170708235525j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170708235805j:plain

連れはさくらティー。香りはさくら、味は緑茶より。さわやかな味で食後にぴったし。


可もなく不可もなく、といったところでしょうか。おいしいんですが、誰かに紹介したいような魅力もない。かといってもう行かないかと言えばうそになるかも、、うーん、むずかしいところです。今度はぜひピザを食べて行きたいと思います。値つけも良心的ですし、気軽なデートには最適だと思いました。

スイーツガーデン ユウジアジキ/北山田

f:id:suiren1114swing0225:20170628115823j:plain

スイーツガーデン ユウジアジキ
食べログにて4.0超え。この数値に達しているパティスリーは稀であり、しかも当店は横浜の北山田、まわりにはほとんどなにもない(すいません、、)と言っていいほどの場所にあります。
シェフパティシエは安食雄二さん。
1996年に『グランプリ インターナショナル・マンダリンナポレオンコンクール 世界大会(ベルギー)日本人初の優勝を果たすなど受賞歴多数。
自由が丘の『モンサンクレール』のオープニング時にはスーシェフを任され、2010年に当店をオープン。書籍、メディア出演も多数の実力者です。

f:id:suiren1114swing0225:20170702231440j:plain
焼き菓子がおいしそう。

f:id:suiren1114swing0225:20170702231550j:plain
小さき安食さんが、、

f:id:suiren1114swing0225:20170702231936j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170702232036j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170702232124j:plain
ショーケースの中身がぴっかぴかにかがやいております。

f:id:suiren1114swing0225:20170702232415j:plain
さあ、買ってきましたよ!

f:id:suiren1114swing0225:20170702232943j:plain

グルノブロワ 460円
ダコワーズ、くるみとオレンジコンフィのクリームを交互に重ねたケーキ。ダコワーズメレンゲとアーモンドプードルを使った生地。くるみもオレンジコンフィも原価高いのにたくさん入っていて好印象。

f:id:suiren1114swing0225:20170704143450j:plain

プランタン 520円
上に載ったホワイトチョコがかわいらしい!その下にチーズのクリーム、フレッシュフルーツ、中にはいちごのコンポート、台座はタルト。チーズのクリームの爽やかさとホワイトチョコのバランスが絶妙。ただ、食べにくいなあ。

f:id:suiren1114swing0225:20170704143904j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170704143939j:plain

モンブラン 560円
中には生クリーム、ラムの効いたマロンクリーム、台座にメレンゲ。構成はモンサンクレールと一緒ですが、モンサンクレールのそれよりサイズがしっかりしています。味もしっかりめ。ですが僕はモンブランについては全体的なバランスからみるとモンサンクレールのほうが好みでした。

f:id:suiren1114swing0225:20170704144434j:plain

サオトボルージュ 620円
真っ赤なケーキ!圧倒的ビジュアルに目を奪われます。ケーキってやっぱり芸術品だなあ。そしてこのケーキのびっくりポイントは、電子レンジで20秒温めて食べるということ!

チーーーン♪♪♪♪♪

f:id:suiren1114swing0225:20170704145238j:plain

中身はフォンダンショコラのようにとろとろ!ところどころにフランボワーズが入っています。表面の赤色はフランボワーズの粉末。チョコレートの甘さとベリーの酸味がすてきです。

f:id:suiren1114swing0225:20170704145633j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170704145711j:plain

ハニーハント 460円
はちみつのムースを主体に、中にはバニラのブリュレ、下にはメープル風味のスポンジ、上にはキャラメルソース。すべてあまあまな食材ですが、これが不思議なことに味わいとしてきちんとまとまっています。本日いちばんのケーキです。というより、近年食べたケーキの中でもトップクラスにおいしかった!


感動的なケーキ屋さんでした。都内から外れた、もっと言えば横浜からも外れた場所ではありますが、お店には絶えず人が訪れ、そのすべての人たちがケーキを眺めては感嘆の声を上げていました。お店の雰囲気も明るく、接客もはきはきと明るい。ケーキ屋は飲食店の中でもとりわけ夢を売る商売。雰囲気からその意気込みが感じられました。
また行きたいケーキ屋さんです。みなさんもぜひ行ってみてください!

熱烈中華食堂日高屋/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170628113802j:plain

熱烈中華食堂日高屋
日高屋さん、はじめて行きます。店舗はよく見かけるし、

f:id:suiren1114swing0225:20170629235459j:plain

食品サンプルのショーケースを見て、安いなあと感心していました。なら店入れよ!ってね。

f:id:suiren1114swing0225:20170630001340j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170630001421j:plain

バクダン炒め定食 670円
その名前のとおり、いろいろな食材がたっぷり!味のベースは醤油と豆板醤といったところでしょうか、けっこう辛めの味付けです。すげー辛口ってわけではありませんが、永続的にひりひりしてきます。水をぐびぐび飲む。味自体は非常にわかりやすくておいしい。野菜もしゃきしゃき、中華の調理法でしかできない火入れですよね。
ご飯は大盛り無料。お茶碗に山みたいに盛られ、食べきると満腹必至。これはビジネスマンにはうれしいでしょう!


中華って味がわかりやすく、それでいておいしくてっていう、とてもすてきなジャンルだと思います。ただ、日高屋を「中華」のジャンルで捉えていいのかは謎。「中華系」ですね、この手のお店は。まあ、あんまり考えるとたのしくないので、チェーン店はチェーン店として考え、その上で日高屋はおいしいと僕は思います!
そういえば、僕のお隣の席では真っ昼間からビールとサワーを飲みながらだらだらおしゃべりしている中年の2人組が!そういう使い方もありですな、今度は餃子で一杯、してみたいなー。

ボンシュマン/学芸大学

f:id:suiren1114swing0225:20170628115553j:plain

ボンシュマン
ミシュランガイド2017にて1つ星。学芸大学駅から徒歩10分ほどにあります。歩いていて、「こんなところにミシュランのお店が!?」と不安になってしまう立地。

f:id:suiren1114swing0225:20170629002035j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170629002110j:plain

うーん、クラシックな内装。好きー。

f:id:suiren1114swing0225:20170629002515j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170629002547j:plain

4300円のコースにしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170629002750j:plain

キッシュロレーヌ
アミューズでキッシュが出てくるなんて思わんかった。アパレイユがプルプルでおいしい。厚みもしっかり。奇をてらわずに素直な料理を出すというシンプルなやり方に好感が持てます。

f:id:suiren1114swing0225:20170629003132j:plain

パンはちいさくてかわいめポーション。熱々です、がっつくと持てなくて戻すはめになります。そしてパンのお供はリエット。リエット!!!すばらしいぞ、油分のかたまり。おいしー。

f:id:suiren1114swing0225:20170629012409j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170629012445j:plain

豚足入り自家製ブーダンブラン
ブーダンブランはフランス北部のアルデンヌ地方の郷土料理。ブーダンノワールに血が含まれているのとはちがい、ブーダンブランには血が含まれていません。
スパイスと香味野菜の味がよく出ていて、肉の旨味もしっかり。いわゆるソーセージとはちがって中身はすこしだけ緩め。おいしいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170629005520j:plain

鮎のパテ ネズの実風味
連れが頼んだ一皿。今回の連れとは料理以外の話が盛り上がってしまい、ひとくちはおろか、感想すら聞いていませんでした。

f:id:suiren1114swing0225:20170629005923j:plain

鯛のポワレ キャベツのソース
キャベツのソースは緑が濃く、スパイスが効いています。鯛はまずまず。うーん。全体としては凡庸な一皿です。ルカンケのように盛りが凝っているわけでもなければ、ル・ブルギニオンのように洗練されているわけでもない。

f:id:suiren1114swing0225:20170629010632j:plain

アンガス牛のソテー アンチョビバター
アンガス牛は赤身肉なので注文。ポーションしっかりめで食べ応えあり!アンチョビバターを溶かして食べるとまったりとしたコクがおいしい。和牛で同じことをしたら大変な油分祭りになるでしょう。やっぱり牛肉は赤身だよ、赤身!!

f:id:suiren1114swing0225:20170629011012j:plain

トリップとギアラの煮込み グラタン仕立て

f:id:suiren1114swing0225:20170629011150j:plain

マンゴーのプリン ココナッツのシャーベット
プリンはいわゆるとろとろ系。アイスはシャーベットを名乗ることはむずかしいくらいになめらかな食感でした。しゃりしゃり系アイスが苦手が僕にはうれしい誤算、味も上々。

f:id:suiren1114swing0225:20170629011531j:plain


料理の1つ1つはそつなくおいしいのですが、「また食べたい!」という印象がどうしても湧かない。なんでだろう、アイテムの相違なのか。今回頼んだコースの上におまかせコースがあり、夜も内容が充実しているみたいなので、またもう一度伺ってから意見したいと思います。なので今回はこのへんにしたいと思います。ごちそうさまでした。

はなまるうどん/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170628113603j:plain

はなまるうどん
言わずと知れた讃岐うどんのチェーン店。とは言いつつも、僕ははなまるうどんに伺うのは十数年ぶりです。なので妙なわくわくを持って入店!

f:id:suiren1114swing0225:20170628234652j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170628234727j:plain

はなまるうどんは主となるお皿を頼み、その他の揚げもの、おにぎりは各自で取ってお会計という流れ。

f:id:suiren1114swing0225:20170629000234j:plain

内装はきわめてシンプルなつくり。ランチは混み合うのでしょう。

f:id:suiren1114swing0225:20170628234814j:plain

こくうまサラダうどん 530円
野菜増量+100円とおにぎり110円で740円になりました。
野菜は増量しても、増量感はあんまり感じられず。デフォルトはけっこう少ないのかな?と疑心を抱いてしまいます。一方で麺はしっかりあり、サラダうどんは大盛りにできないものの、ほかのメニューの大盛りはかなりの量になる気がします。試してみたいな。
たれはごまだれ、生姜玉ねぎの2つから選択でき、生姜玉ねぎにしました。こちらは醤油ベースというか、めんつゆ感が強く、ブラインドで食べたら生姜玉ねぎの雰囲気はさほど感じられないか。まあ、味としてはおいしいです。
そして麺ですが、こちらはこしがしっかりとしていてゆでもばっちりです。なめていました、うまいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170628235954j:plain

おにぎりは鮭。コンビニおにぎりの方向性です。鮭はフレーク系。


いやはや、ひさびさに行きましたがふつうにおいしかった。この価格帯での『ふつうにおいしい』は普段使いしたいお店を差します。ちなみにフレンチにおける『ふつうにおいしい』は 再訪がほぼないことを差します。5000円~10000円出して食べる食事が『ふつうにおいしい』ではいやですもん。

てなわけで、はなまるうどんは再訪確実。メニューもたくさん、いろいろ試してみたいです。

餃子トラ五郎/新宿

f:id:suiren1114swing0225:20170628100432j:plain

餃子トラ五郎
新宿西口から徒歩10分弱の場所にあります。新宿に用事があり、その帰りに昼食でもと考えていたのですが、お目当てのお店が見つからない!この日なほとんど猛暑のような気候に差すような日射し。あきらめてこちらのお店に。失礼な話ですが、、

f:id:suiren1114swing0225:20170628102146j:plain

入店時間がはやかったので先客は少なめ。

f:id:suiren1114swing0225:20170628102730j:plain

850円の餃子定食を注文。

f:id:suiren1114swing0225:20170628102913j:plain

餃子は10個です。中には餃子定番のにんにく、にらが入っていないのがこのお店の特徴。さすがビジネス街新宿、お客のニーズを捉えています。それらの食材が入っていないので味はがつん系ではなく、どこか大人しめではありますが、味付け自体はおいしいです。ご飯は大盛まで無料。こういうのうれしい。
つけ合わせの味噌汁とポテサラは大したことないです。インスタントか業務用でしょう。どこでもある味です。

f:id:suiren1114swing0225:20170628104415j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170628105006j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170628105051j:plain

辣油を使おうと思ったら、ここの辣油は少しちがい ました。秘伝ラー油と銘打った、ねぎ入りの辣油です。皿に開けてみると、ねぎの固形がたっぷり!辣油の辛さとねぎ独特の青さと香ばしさが合います。めっちゃ使いました、すいません。


850円という価格はランチにしては少し高めですね。同じ餃子なら餃子の満州のランチのほうが圧倒的に安いことを考えてしまいます。
にしてもねぎ入りの辣油はとても興味深いアイテムでした。こういう発想やアイデンティティーはこちらも勉強になります。そういう意味で来れてよかった。ごちそうさまでした。

炭火焼きホルモンRYU-RYU/小作

f:id:suiren1114swing0225:20170624114103j:plain

RYU-RYU
小作は東京都羽村市にある町で、めちゃめちゃ郊外。となりには青梅市青梅市はさらに郊外。郊外というより、山。青梅市の構成のほとんどが山、川、岩であり、鹿の衝突事故で電車が止まり、熊の出没注意を促す看板があるような町。
話が反れました。当店は学生時代からお世話になっている焼肉屋。ひさびさの再訪です。

f:id:suiren1114swing0225:20170624114938j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170624115018j:plain

当店は席数が少なく、お世辞にも清潔とは言えません。ですが壁に貼られた古めかしいポスターや落とされた照明がなんとも昭和チック。雰囲気あります

f:id:suiren1114swing0225:20170624115401j:plain

友人が頼んだ中ジョッキ。僕は現在禁酒中につきビールは抜き。焼肉食べにきて酒が飲めないとは、、

f:id:suiren1114swing0225:20170624115641j:plain

タケノコ
牛の心臓付近の動脈部分。コリコリとも呼ばれ、食感も軟骨に近いニュアンス。くせが少なく(下処理が上手なんでしょう)、塩だれが合います。

f:id:suiren1114swing0225:20170624120928j:plain

ハラミ
牛さんの横隔膜。脂がしっかりのって、肉質も柔らかい。カルビが好きではないので、いつもこれを頼みます。いつ食べてもうまい!!

f:id:suiren1114swing0225:20170624121328j:plain

ねぎ飯
このお店のスペシャリテと僕が思っているご飯。白飯に万能ねぎ、たれをかけただけのシンプルなご飯ですが、これがうまいんですよねー。ただ、高いんです。480円します。タケノコ1皿480円と同じ価格。ついつい原価率を考えてしまう。でも頼んでしまう。これは完全に僕の負けです。

f:id:suiren1114swing0225:20170624121659j:plain

セセリ
鶏肉の首の筋肉。頭と胴体をつなぐ重要な筋肉で、しょっちゅう動かす部位のため歯ごたえがあり、おいしさも強い。脂が多いのですが、七輪なら余計な油分が落ちてくれてちょうどよい。焼肉はプレート焼きだとぎとぎとになるので、お店で炭火焼きするに限りますね。

f:id:suiren1114swing0225:20170624122603j:plain

ほたてのホイル焼き
これは印象なしです。はじめて頼みましたが、これから先頼まないかもなあ。まずいわけではないですが、これを頼むなら肉食べるかなって。

f:id:suiren1114swing0225:20170624122913j:plain

冷麺は汁がおいしい。麺の食感もちょうどいい。重くなくてするするいけます。口のなかの油分を洗い流してくれます。


ひさびさの再訪でしたが、まったく期待を裏切らない安定感。おいしいものは都内に集中していることは認めざるを得ない事実ですが、郊外にもおいしいお店は確実にあります。そして当店はなんといっても安い。チェーンの焼肉屋行くのと変わらない価格でおいしいお肉が食べられる、すばらしいです。
ぜひともこれからも続いてほしい、また行くよ!