読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福まで徒歩3分

幸福はかならず歩いて行けるくらい近くにあるはずです。このブログは都内の某高級フレンチレストランで働く男によるブログです。おもに飲食関連、職場でのあれこれ、ときには自分が思うこと、などをだらだらと書いていく予定です。みんなでしあわせを探しましょう!

ルカンケ

フレンチレストラン『ルカンケ』
ミシュランガイド2017において1つ星。
白金台のプラチナ通りから一筋入るとお店があります。

f:id:suiren1114swing0225:20170422013234j:plain

12時に予約をしておき、すんなり入店。

f:id:suiren1114swing0225:20170422013519j:plain

テーブルセッティングがすてき。

f:id:suiren1114swing0225:20170422013602j:plain

僕たちが座った席はキッチンにいちばん近いポジションでした。同業の僕からしたらうれしいことです!
一階がオープンキッチン(でも中はあんまり見えませんでした)、二階に10席くらい、三階は個室らしいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170422013752j:plain

ランチコースは基本3300円+サービス料10%+税8%
4月からランチのサービス料が5%から10%に上がったみたいです。
メインはポワソン(お魚)、あるいはヴィヤンド(お肉)から選択するスタイル。
そこに1200円追加することでどちらも2/3のポーションで食べることができます。
もちろん追加料金を払ってどちらも食べます。

f:id:suiren1114swing0225:20170422014845j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170422014911j:plain

小石に見立てた小さなパンと豚のリエット
ほんとうに小石そっくり!
パンに竹炭が練り込まれているみたいです。
リエットがおいしかった。
これ、でかいやつでもっと食べたい。
岩石サイズで。

f:id:suiren1114swing0225:20170422015037j:plain

フォアグラのお菓子仕立て
今回はソフトクリームでした。
フォアグラを冷たく甘いお菓子にしてしまうとは。
まったりとしたフォアグラのコクと、冷たいアイスのなめらかさと甘さという取り合わせが見事でした。
そういえば、同じくミシュラン1つ星のシャントレルでは、フォアグラのマカロンが出てきたことを思い出しました。

ところで、「お菓子仕立て」ということは時期によって出てくるお菓子の仕様も異なるのか?
聞けばよかった、、

f:id:suiren1114swing0225:20170422015325j:plain

新人参のポタージュ
これ、ブイヨンやジュを使わずに人参と水だけ(人参だけだったかな、忘れた)を使って作ったみたいです。
ブラインドで食べたら人参とはわからないくらいにほくほくと甘く、まるでかぼちゃのポタージュみたいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170423010645j:plain

パンはわりと小ぶりです。
僕はそれなりに食べるので、何度もおかわりをお願いするのがはずかしかったー。
フレンチあるあるじゃないでしょうか?


f:id:suiren1114swing0225:20170422015424j:plain

うちむらさきのフリット
うちむらさきとは二枚貝のこと。
フリットにされたうちむらさきをあおさ海苔とコキヤージュ風の豆のクーリでいただきます。
お皿の盛り付けは海をイメージしているみたいです。
しかし、料理がサイドで盛り付けられているお皿はとても撮るのが難しく、みなさんにはうまく伝わら
ないかなと、、、すいません。

うちむらさきははじめて食べますが、貝類が好きな僕ですから、外れるわけもなくめちゃくちゃうまいです!肉厚でしっかりとしたポーション。口の中が海になります。
海苔を使うことでなんとなく和の趣もあり、フリットも天ぷらの仲間ですから、日本人好みと言えるかもしれません。
コースでいちばんのお皿でした。

f:id:suiren1114swing0225:20170422015659j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170422015526j:plain

本日の鮮魚 その日のキュイソンのスタイルで

追加料金を払うことにより、ポワソンはグレードが上がりました。
本来ランチではスズキを使うところがアカムツに変更。

香ばしく焼きあがった皮目がきれいです。
添えられているのは春キャベツの温かいマリネ、桜えびとフキのリゾット。
アカムツの柔らかい白身はもちろんのこと、脇を固める添え物がしっかりとおいしい。
リゾットなんかはそのまま一皿で食べたい。
こういう細部にまで抜かりのない料理ってすてきですね。
また、ソースがブールブランなことに驚き。
最近のフレンチはシェフが独自で作ったソースだったり、そもそもソースが主体ではなかったりするのですが、このお店はきっちり王道で勝負している。
最近の傾向が悪いとかではなく、王道がきっちりこなせることを示せるその自信に恐れ入りました。

f:id:suiren1114swing0225:20170422020032j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170422020102j:plain

仔鴨のロティ ソースアピシウス

鴨肉のきれいな火入れと添えられたサラダが黒いお皿の上で鮮やかに映えます。
一目で春を感じさせてくれる一皿です。
ソースアピシウスはスパイスの効いたソースのこと。こちらもクラシカルなソースです。
サラダに使われているのは白タンポポ
しゃきしゃきとした食感は水菜に近く、苦味が鴨肉の鉄分とよく合います。
全体としてまとまりがあり、完成されています。
おいしいよ!

そしてデセールは

f:id:suiren1114swing0225:20170422020452j:plain

コースの最後にこんなグラス出されたら萌えます。
桜のエスプーマとそのジュレ
抹茶のディプロマット
ルバーブのスープ
大手亡のグラス

サービスマンの方が、
「下から掬い上げてお召し上がりください」
と言っていたのに対して僕は内心、
『これだけ多要素な味を一口で?大丈夫?』
と思っていました。
そして一口、、
ごめんなさい、うまいです。
桜の澄んだ香り、抹茶の苦味、ルバーブの酸っぱさ、大手亡のなめらかなアイスが渾然一体となってひとつの味になりました。
計算され尽くされているんでしょう、最後まですげえっす。
ちなみに、大手亡とは豆のこと。

f:id:suiren1114swing0225:20170423010201j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170423010238j:plain

コーヒーとプティフールのチョコのマドレーヌ。

とてもおいしいフレンチでした。
なにより費用対効果がすばらしいと思いました。コースを通してシェフの感性の鋭さとセンスを感じました。この値段でこの表現力、脱帽です。
また、サービスマンの仕事に抜かりは一切ありませんでした。
お手洗いまできちんと案内もしてくれます。
ただ、メニュー説明がきっちりしすぎていてマニュアル的なものを感じます。
抜かりのなさが近づきがたさを生んでいる。
これはサービスの命題ですよね。
フレンチレストランは接客においてどこまでカジュアルであっていいのか。

お手洗いは2階にありました。
我々は1階に陣取っていましたので、いちいち登って下ってをしなくてはなりません。
お年寄りなどにはなかなかきつそうだなという印象。
しかし、今後移転の予定もあるらしいので、これからのルカンケにさらに期待です。
また伺わせてもらいます!
次はディナーで行きたいなあ。

最近、、

1週間ぶりの更新になります。
青山霊園の桜は相変わらず咲きほこっていますが、数日の雨にその華やかさを失いつつあります。
春のはじまりが終わろうとしています。

さて。
前回の更新からいろいろありましたが、なんだか、どこから書けばよいのやらって感じです。

だから、書きません!!(キッパリ

なので最近の心境を少し。

大学行きたい、、

もう、そこに尽きます。
ここ最近も、お店のお客さんの入りは芳しくないのですが、来る方はみんなお金持ち、かつ会社の社長、オーナー。
そういう立地に店があるからなのですが、接客している自分の未熟さを恥じるばかりです、ほんとうに。

ところで、それがどうして大学行きたいにつながるのかといいますと。
そうしたお偉い人と会うと、いろいろな世界があるんだなと感じさせられるからです。
これまで飲食業界一本でやってきた自分ですが、ほんとうの意味で飲食業界を選んだのか、それとも、選択肢が飲食業界しかなかったのか。
それがすごい頭にひっかかるのです。
「おれは飲食業界行くから勉強しなくていい」
と思っていました。
しかし、それはほんとうに飲食やりたくてそうしてきたのか、目の前の勉強をさぼる口実だったのか。

たしかに飲食は好きだけれど、長い目で見たら続けていけるかとても不安。
それなら、タイミングを見て大学に入るのもいいのかなと考えるわけです。

まとまりのない文章になりました、すいません。

とはいえ、いまは自分のするべきことをしないと!
自分、ふぁいと~~

青山霊園

f:id:suiren1114swing0225:20170406090503j:plain

すっかり春になりました。

f:id:suiren1114swing0225:20170406090557j:plain

f:id:suiren1114swing0225:20170406090755j:plain

青山霊園は桜真っ盛りです。
うららかな天気に、まるで墓地が笑っているように思えてしまう。

すきまから見えるのは、、

f:id:suiren1114swing0225:20170406090821j:plain

六本木ヒルズ!!
人工物と自然の組み合わせって、なんだか心動かされます。

春って好きではないけど、やっぱり桜はうつくしい。
日本人に生まれ、四季に思いを馳せることのしあわせを大切にしたいです。

意志薄弱な自分、

おはようございます、ちひろです。

さっそく早起き活動の報告。

実は、、、

すいません、なにひとつ実行できていません。

言い訳しません。
完全に自分の怠惰です。情けないです。

もうこんな自分いやです。
きょうから生活習慣変えます。誓います。
しっかりと有言実行し、自分を誇りたいです。

よし、言ったぞ。
きょうも1日、仕事こなしてきます!

新社会人のみなさんへ、

おはようございます。
4月4日ですね。

ぼくのともだちが昨日は入社式だったらしく、めでたく社会人になりました。
そう、めでたく、、、

みなさん、

さっそく仕事やめたいと思ってますよね?

わかりますよ、ほんと。
ぼくは新社会人のみなさんよりも半年ばかり就職時期がはやかったし、大学も出ていないから一概には言えませんが、なんだろう、ああはじまっちゃった、みたいなあの感じ。
あるいは終わってしまった、みたいな。

ちなみにぼくは、初めての会社を半年でやめています。
それでもいまもふつうに仕事してます、いまの仕事もやめたいと思ってますが。
そのことから言えることはひとつだけで。

なにを仕事にしていても、やめたいと思うのは当然のこと。

ということです。
だって、働きたくないもんね!!??
家にいてYouTube観たいじゃん、好きな本読んだり、映画観たり、だらだらしたいじゃん。

だから、なにを仕事にしていても、やめたいって絶対に思うから。
「勢い」だけで仕事やめるのはいかんですからね。

そういうことで、きょうも1日、仕事こなしましょう!

1ヶ月ぶりに実家に。

帰省しました。
そのまえに地元青梅のともだちと駅前のモスバーガーで待ち合わせて2時間ほど談笑。
そういえばこの駅前のモスバーガーマクドナルドの居抜きなんですが、なんやかやオープンから5年目くらいになるのかな。
すごいな、客ちゃんと入ってんだな、と妙な感慨。
自分が学生のときにはよくこのお店でともだちとだらだら話したりして。
駅前にあったシャノアールがつぶれてからはとても重宝していました。

f:id:suiren1114swing0225:20170403185614j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170403185644j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170403185711j:plain

ともだちが、梅の公園に梅の木が植樹されたと言ったので行ってみると、ちらほらと小さな苗木が植わっていました。
何年前だったかな、梅の公園の梅が『プラムボックス』という伝染病にかかってしまい、園内の梅の木が全伐採されたのです。
青梅市唯一の産業であり、3月には梅祭りでにぎわっていたこの場所は、見ての通り丸裸です。
でも、植樹がはじまって、青梅が活気を取り戻そうとしている瞬間を見れたような気がして元気が出ました。

そして帰宅。
僕の部屋はきれいに片付けられていて、生活のにおいは消えていました。
自分の生活拠点が完全に移行したことをまざまざと感じさせられました。

しかし父母、祖母はまったく変わらず元気な様子。
僕の帰宅をよろこんでくれました。
でもだからといって特別扱いをするでもなく、いつもと一緒で、とても居心地がよかったです。
帰る場所があるってとてもすてきなことですね。

夕飯を食べさせてもらい、保存できる食品を片っ端からバッグに詰め込んで帰りました。

そして、驚いたことに、電車のなかで涙が出ました。
なんだか、自分は生かされているんだなと強く感じられて、いつか親孝行しないといけないなと思ったのです。
親孝行できるまでもう少しかかるかもしれないけれど、それまで元気でいてね。
僕はここでがんばります。

朝、起きられない僕が実践しようと思うこと5つ

おはようございます、ちひろです。

朝、起きられない、、
みなさんそうですよね!
、、ね?

目覚ましを早めにかけても、止めて二度寝してしまったり、そもそもぎりぎりまで寝ることを決め込んでいたり、、
僕は前者であり、この時間がとても幸せなのです、、
でも!
朝、早く起きることができて、その時間を有意義に使えたらよくないですか?
なにをいまさら、と思うかもしれません。
しかし、みなさん、その事実から逃げて睡眠を貪っています。
なぜなのか?
理由はさまざまあると思います。
帰宅時間が遅い、夜だらだらネットをしちゃう、など。
僕は両方です、質が悪いです。
これ、起きる起きられないじゃなくて、体に悪いですよね、ふつうに。
だから、私スイレンは決意しました。
朝、早く起きてその時間を有意義に使おうと!
そのためになにをしたらいいのか、考えて実行します!
なので、この記事を読んでも有用性はありません。まだ実験段階なので。すいません。

さて、書いていきます。

1.帰宅したらたくさんの食事をしない。
2.帰宅2時間後にはかならず眠る。
3.ネットをつけることはかまわないが、画面は観ない。音をBGMにする。
4.朝は6時に起きる。
5.基本、ブログの更新は朝にする。


1.帰宅したらたくさんの食事をしない。

基本的にレストランのディナー営業があれば、僕の帰宅時間は23~25時くらいです。
これも日によってまちまちで、最悪ディナーの予約がない日もありますから(オープンしてまもない店ですので、、)、20時には帰宅できる日もあります。
そういう日はなにかしら食べてもまだいいのですが、深夜帯にがっつり食事をしてしまうと、朝がだるいんですよ。
これは、睡眠中にもかかわらず腸は活動をし続けて、からだが休まらないためです。
なので、夜のドカ食いはご法度。
ブログにて昨日の夜に食べたものを記載します。

2.帰宅2時間後にはかならず眠る。

夜っていいですよね。
仕事終わったし、好きなことできるし。
でもさ、
大抵だらだら過ごしちゃうわけでしょ?
寝ろって話ですよね。
そしたら朝起きてその時間使えばよろしいと思います。

3.ネットをつけることはかまわないが、画面は観ない。音声をBGMにする。

なんでしたっけ、ブルーライトでしたっけ。
すいません、知識不足で、、
PCやスマホを使うとこの光が睡眠に悪影響を与えるのはよく聞く話ですね、やめましょう。
とはいえ、PCつけないと部屋が無音になるので、なにかしらつけはします。

4.朝は6時に起きる。

これがいちばんむずかしいのでは。
一応6時に設定していますが、これから変動していきます。6時半になるかもしれないし、5時半になるかもしれない。
それは人によって睡眠適正時間が違うから。

5.基本、ブログは朝に更新する。

日々の記事を書く際は朝に書き、更新します。また、長い記事や特集、レビューなどの推敲を要する記事に関しては隙間時間で作業をするため、完成次第の更新となります。


長々と書いてしまいました。
なんだか、すごく厳しいことはじめるなあ、と思ったのですが、話は簡単です。

早く寝たらいい。

それだけです。
それだけで1、2、3はクリアできます。
あとは朝本当に起きることができるかだけです。

経過は随時報告し、ある程度の成果が出てきましたらまとめて記事にします!!
がんばろー、