東京モンブラン

飲食店レビューブログ、東京モンブランです。このブログでは伺ったレストラン、カフェ、パティスリーなどをレビューしていきます。このブログがどうか皆様の飲食店探しの参考の一助になれたらと思っています。

ボンシュマン/学芸大学

f:id:suiren1114swing0225:20170628115553j:plain

ボンシュマン
ミシュランガイド2017にて1つ星。学芸大学駅から徒歩10分ほどにあります。歩いていて、「こんなところにミシュランのお店が!?」と不安になってしまう立地。

f:id:suiren1114swing0225:20170629002035j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170629002110j:plain

うーん、クラシックな内装。好きー。

f:id:suiren1114swing0225:20170629002515j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170629002547j:plain

4300円のコースにしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170629002750j:plain

キッシュロレーヌ
アミューズでキッシュが出てくるなんて思わんかった。アパレイユがプルプルでおいしい。厚みもしっかり。奇をてらわずに素直な料理を出すというシンプルなやり方に好感が持てます。

f:id:suiren1114swing0225:20170629003132j:plain

パンはちいさくてかわいめポーション。熱々です、がっつくと持てなくて戻すはめになります。そしてパンのお供はリエット。リエット!!!すばらしいぞ、油分のかたまり。おいしー。

f:id:suiren1114swing0225:20170629012409j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170629012445j:plain

豚足入り自家製ブーダンブラン
ブーダンブランはフランス北部のアルデンヌ地方の郷土料理。ブーダンノワールに血が含まれているのとはちがい、ブーダンブランには血が含まれていません。
スパイスと香味野菜の味がよく出ていて、肉の旨味もしっかり。いわゆるソーセージとはちがって中身はすこしだけ緩め。おいしいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170629005520j:plain

鮎のパテ ネズの実風味
連れが頼んだ一皿。今回の連れとは料理以外の話が盛り上がってしまい、ひとくちはおろか、感想すら聞いていませんでした。

f:id:suiren1114swing0225:20170629005923j:plain

鯛のポワレ キャベツのソース
キャベツのソースは緑が濃く、スパイスが効いています。鯛はまずまず。うーん。全体としては凡庸な一皿です。ルカンケのように盛りが凝っているわけでもなければ、ル・ブルギニオンのように洗練されているわけでもない。

f:id:suiren1114swing0225:20170629010632j:plain

アンガス牛のソテー アンチョビバター
アンガス牛は赤身肉なので注文。ポーションしっかりめで食べ応えあり!アンチョビバターを溶かして食べるとまったりとしたコクがおいしい。和牛で同じことをしたら大変な油分祭りになるでしょう。やっぱり牛肉は赤身だよ、赤身!!

f:id:suiren1114swing0225:20170629011012j:plain

トリップとギアラの煮込み グラタン仕立て

f:id:suiren1114swing0225:20170629011150j:plain

マンゴーのプリン ココナッツのシャーベット
プリンはいわゆるとろとろ系。アイスはシャーベットを名乗ることはむずかしいくらいになめらかな食感でした。しゃりしゃり系アイスが苦手が僕にはうれしい誤算、味も上々。

f:id:suiren1114swing0225:20170629011531j:plain


料理の1つ1つはそつなくおいしいのですが、「また食べたい!」という印象がどうしても湧かない。なんでだろう、アイテムの相違なのか。今回頼んだコースの上におまかせコースがあり、夜も内容が充実しているみたいなので、またもう一度伺ってから意見したいと思います。なので今回はこのへんにしたいと思います。ごちそうさまでした。

はなまるうどん/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170628113603j:plain

はなまるうどん
言わずと知れた讃岐うどんのチェーン店。とは言いつつも、僕ははなまるうどんに伺うのは十数年ぶりです。なので妙なわくわくを持って入店!

f:id:suiren1114swing0225:20170628234652j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170628234727j:plain

はなまるうどんは主となるお皿を頼み、その他の揚げもの、おにぎりは各自で取ってお会計という流れ。

f:id:suiren1114swing0225:20170629000234j:plain

内装はきわめてシンプルなつくり。ランチは混み合うのでしょう。

f:id:suiren1114swing0225:20170628234814j:plain

こくうまサラダうどん 530円
野菜増量+100円とおにぎり110円で740円になりました。
野菜は増量しても、増量感はあんまり感じられず。デフォルトはけっこう少ないのかな?と疑心を抱いてしまいます。一方で麺はしっかりあり、サラダうどんは大盛りにできないものの、ほかのメニューの大盛りはかなりの量になる気がします。試してみたいな。
たれはごまだれ、生姜玉ねぎの2つから選択でき、生姜玉ねぎにしました。こちらは醤油ベースというか、めんつゆ感が強く、ブラインドで食べたら生姜玉ねぎの雰囲気はさほど感じられないか。まあ、味としてはおいしいです。
そして麺ですが、こちらはこしがしっかりとしていてゆでもばっちりです。なめていました、うまいです。

f:id:suiren1114swing0225:20170628235954j:plain

おにぎりは鮭。コンビニおにぎりの方向性です。鮭はフレーク系。


いやはや、ひさびさに行きましたがふつうにおいしかった。この価格帯での『ふつうにおいしい』は普段使いしたいお店を差します。ちなみにフレンチにおける『ふつうにおいしい』は 再訪がほぼないことを差します。5000円~10000円出して食べる食事が『ふつうにおいしい』ではいやですもん。

てなわけで、はなまるうどんは再訪確実。メニューもたくさん、いろいろ試してみたいです。

餃子トラ五郎/新宿

f:id:suiren1114swing0225:20170628100432j:plain

餃子トラ五郎
新宿西口から徒歩10分弱の場所にあります。新宿に用事があり、その帰りに昼食でもと考えていたのですが、お目当てのお店が見つからない!この日なほとんど猛暑のような気候に差すような日射し。あきらめてこちらのお店に。失礼な話ですが、、

f:id:suiren1114swing0225:20170628102146j:plain

入店時間がはやかったので先客は少なめ。

f:id:suiren1114swing0225:20170628102730j:plain

850円の餃子定食を注文。

f:id:suiren1114swing0225:20170628102913j:plain

餃子は10個です。中には餃子定番のにんにく、にらが入っていないのがこのお店の特徴。さすがビジネス街新宿、お客のニーズを捉えています。それらの食材が入っていないので味はがつん系ではなく、どこか大人しめではありますが、味付け自体はおいしいです。ご飯は大盛まで無料。こういうのうれしい。
つけ合わせの味噌汁とポテサラは大したことないです。インスタントか業務用でしょう。どこでもある味です。

f:id:suiren1114swing0225:20170628104415j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170628105006j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170628105051j:plain

辣油を使おうと思ったら、ここの辣油は少しちがい ました。秘伝ラー油と銘打った、ねぎ入りの辣油です。皿に開けてみると、ねぎの固形がたっぷり!辣油の辛さとねぎ独特の青さと香ばしさが合います。めっちゃ使いました、すいません。


850円という価格はランチにしては少し高めですね。同じ餃子なら餃子の満州のランチのほうが圧倒的に安いことを考えてしまいます。
にしてもねぎ入りの辣油はとても興味深いアイテムでした。こういう発想やアイデンティティーはこちらも勉強になります。そういう意味で来れてよかった。ごちそうさまでした。

炭火焼きホルモンRYU-RYU/小作

f:id:suiren1114swing0225:20170624114103j:plain

RYU-RYU
小作は東京都羽村市にある町で、めちゃめちゃ郊外。となりには青梅市青梅市はさらに郊外。郊外というより、山。青梅市の構成のほとんどが山、川、岩であり、鹿の衝突事故で電車が止まり、熊の出没注意を促す看板があるような町。
話が反れました。当店は学生時代からお世話になっている焼肉屋。ひさびさの再訪です。

f:id:suiren1114swing0225:20170624114938j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170624115018j:plain

当店は席数が少なく、お世辞にも清潔とは言えません。ですが壁に貼られた古めかしいポスターや落とされた照明がなんとも昭和チック。雰囲気あります

f:id:suiren1114swing0225:20170624115401j:plain

友人が頼んだ中ジョッキ。僕は現在禁酒中につきビールは抜き。焼肉食べにきて酒が飲めないとは、、

f:id:suiren1114swing0225:20170624115641j:plain

タケノコ
牛の心臓付近の動脈部分。コリコリとも呼ばれ、食感も軟骨に近いニュアンス。くせが少なく(下処理が上手なんでしょう)、塩だれが合います。

f:id:suiren1114swing0225:20170624120928j:plain

ハラミ
牛さんの横隔膜。脂がしっかりのって、肉質も柔らかい。カルビが好きではないので、いつもこれを頼みます。いつ食べてもうまい!!

f:id:suiren1114swing0225:20170624121328j:plain

ねぎ飯
このお店のスペシャリテと僕が思っているご飯。白飯に万能ねぎ、たれをかけただけのシンプルなご飯ですが、これがうまいんですよねー。ただ、高いんです。480円します。タケノコ1皿480円と同じ価格。ついつい原価率を考えてしまう。でも頼んでしまう。これは完全に僕の負けです。

f:id:suiren1114swing0225:20170624121659j:plain

セセリ
鶏肉の首の筋肉。頭と胴体をつなぐ重要な筋肉で、しょっちゅう動かす部位のため歯ごたえがあり、おいしさも強い。脂が多いのですが、七輪なら余計な油分が落ちてくれてちょうどよい。焼肉はプレート焼きだとぎとぎとになるので、お店で炭火焼きするに限りますね。

f:id:suiren1114swing0225:20170624122603j:plain

ほたてのホイル焼き
これは印象なしです。はじめて頼みましたが、これから先頼まないかもなあ。まずいわけではないですが、これを頼むなら肉食べるかなって。

f:id:suiren1114swing0225:20170624122913j:plain

冷麺は汁がおいしい。麺の食感もちょうどいい。重くなくてするするいけます。口のなかの油分を洗い流してくれます。


ひさびさの再訪でしたが、まったく期待を裏切らない安定感。おいしいものは都内に集中していることは認めざるを得ない事実ですが、郊外にもおいしいお店は確実にあります。そして当店はなんといっても安い。チェーンの焼肉屋行くのと変わらない価格でおいしいお肉が食べられる、すばらしいです。
ぜひともこれからも続いてほしい、また行くよ!

大江戸寿司/新宿

f:id:suiren1114swing0225:20170623233757j:plain

新宿に数店舗ある回転寿司のチェーン店。一皿150円均一。新宿周辺にはくら寿司やスシローがないため、新宿界隈では当店が回転寿司の最安値。
席はすべてカウンター。板前さんの作業場を囲むようにロ型のカウンターになっています。そう、当店は回転寿司ではありますが、板前さん3人が実際に握ってくれるのです。

f:id:suiren1114swing0225:20170623234257j:plain
石垣貝

f:id:suiren1114swing0225:20170623234524j:plain
生えび

f:id:suiren1114swing0225:20170623234639j:plain

f:id:suiren1114swing0225:20170623234735j:plain
まぐろ納豆

f:id:suiren1114swing0225:20170623234814j:plain
がりはカウンターにあるのを好きなだけ。

f:id:suiren1114swing0225:20170623234909j:plain
粉茶もなかなかいけます。

f:id:suiren1114swing0225:20170623235003j:plain
ホヤ
はじめて食べましたが、生臭い。これはホヤのせいではなく、150円均一の寿司屋だからでしょう。ホヤは新鮮なものはくせが少なく食べやすいみたいです。いつか食べてみたい。

f:id:suiren1114swing0225:20170623235924j:plain
はまち
たっぷりのったあぶら。溶けます、うまい。

f:id:suiren1114swing0225:20170624000038j:plain
ひらめ

f:id:suiren1114swing0225:20170624000153j:plain
貝ひも?

f:id:suiren1114swing0225:20170624000230j:plain
ぼたんえび

f:id:suiren1114swing0225:20170624000338j:plain
黒鯛

f:id:suiren1114swing0225:20170624000419j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170624000451j:plain

上があら汁、下があさり。
あら汁は魚介のおいしさ抜群。そして身がたっぷり。あら、とはいったいなんなのか、、まあ可食部 が多いのはよきことだ!
あさりもだしがよく出てるー。あさりの身自体も粒がしっかりな大きさで食べ応えあり。
味噌汁の量もけちけちしていないでいいです、本日いちばんのお皿です(寿司じゃないのかと)。


空腹具合が万全ではなかったので、だらだら食べてだらだら話して2人で3000円弱。万全な状態で挑んだらもっとつくかと思いますが、それでもなかなか安いお店だと思います。当然のごとく、100均寿司よりクオリティーが高く、100均寿司にはないネタもありたのしいです。もちろん職人さんに直接注文することも可能。皿出しもすばやい。機会があればまた行きたいです。

天丼てんや/新宿

新宿に用事があり、てんやに行きたいなと思い立ち調べると、新宿センタービルという場所にお店があることを発見。

f:id:suiren1114swing0225:20170623232000j:plain

ねえ、ほんとにここ?

f:id:suiren1114swing0225:20170623232133j:plain

めっっちゃオフィスビルじゃん。帰りたくなってきた。
震えながらエスカレーターを降りていきます。

f:id:suiren1114swing0225:20170623232249j:plain

地下通路を発見!いろいろな飲食店があります。

f:id:suiren1114swing0225:20170623232412j:plain

あった!あったよ!

f:id:suiren1114swing0225:20170623232521j:plain

500円の天丼を注文。大盛にして600円。安定のおいしさ。備え付けのたれをだばだばかけてしまう。ほんと、病気まっしぐらです、気をつけます。

学生のときから利用していて、いまでもどきどき無性に食べたくなる。天丼なら価格も安くて大盛にしても600円で満足できる。すばらしいチェーン店です。チェーン店ってこうあってほしい。

名代富士そば/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170623222917j:plain

名代富士そば
六本木にはなにかとチェーン店が多い。近くには幸楽苑ファーストキッチンバーガーキングサイゼリヤはなまるうどんなど。

f:id:suiren1114swing0225:20170623223146j:plain

富士そばは券売機で食券を買うスタイル。効率的でいいですね。でも僕はこのスタイル苦手。券売機にボタンがありすぎてお目当ての商品を見つけ当てるのに時間がかかるんですよね、、僕だけですか?そうですか、、

f:id:suiren1114swing0225:20170623224633j:plain

カレーかつ丼
カレーかつ丼ってなに!?ってなりますよね。名前の通り、カレーライスにかつ丼のかつを載せた一皿。カツカレーではありません。カレーかつ丼です。ましてやかつ丼でもありません。カレーかつ丼です。
富士そばはカレーライスとかつ丼のどちらも扱っているのですが、カツカレーを提供することに積極的ではない(都内に2店舗カツカレーを出してるところがあるらしい)。
その理由を富士そばは、
カツカレーのカツは揚げたてで出したいが、スピード勝負の富士そばではどうしても時間がかかってしまう。かつ丼ならかつを出汁に浸してしまうから作りおきでおいしいものがすばやく提供できる。そのためカツカレーは提供せず、かつ丼を推している。
としている。なるほど。

そんな発想から生まれたこの商品。
肝心の味はというと、うーん、僕は好きですが、まあどっちつかずともとれる味わい。カレーのルーはこの手のお店にありがちなレトルト的な味わい、きらいじゃないですが。かつはしっかりとした大きさで、たまごがルーと絡まるとマイルドになってけっこういけます。

価格は570円、もう少しご飯が多ければ満足できたかもしれません。かといって+100円して大盛にしたら670円。話がこじれてきそう、、
富士そばにはあまり行きませんが、今回はなかなかおもしろい体験ができました!
ごちそうさまでした。