MENU

セブンイレブンで売っていたラムレーズンアイス2つを食べてみた!

こんにちは、ミチムラです。
突然ですが僕、セブンイレブン、好きです。セブンイレブンの商品ってどれもおいしいですよね。でも最近はあまり寄る機会がなく、たまたま寄ってアイスのコーナーを見てみたのですが、なんと、ラムレーズンの商品が2つ並べてあったので思わず買ってきてしまいました。

f:id:suiren1114swing0225:20171114150804j:plain

セブンイレブン ラムレーズンモナカ
セブンイレブンブランドのモナカアイスです。夏ごろだったかな?これと同じシリーズの塩キャラメル味が抜群においしかったのが記憶に新しく、そのシリーズならまちがいなかろうと迷うことなく購入。

f:id:suiren1114swing0225:20171114150842j:plain

けっこう扁平な見映えです。こんなに薄かったかな。

f:id:suiren1114swing0225:20171114150902j:plain

割った断面はこんな感じ。食べてみると、モナカとアイスとの間にはホワイトチョコレートが仕込まれています。モナカはしっかりさくさくですが、ジャンボモナカみたいにざくざくとした感じではありません。中のラムレーズンアイスはというと、アイスはなめらかで、ラムレーズンの風味がふわっと感じられます。ラムレーズンは強くラム酒を感じるタイプではなく、アイスとのバランスを考えているのかおさえめな印象。その甲斐あってか、食べ飽きない仕上がりになっており、また食べたいと思えました。

さて、つぎはこちら。

f:id:suiren1114swing0225:20171114150929j:plain

MOW スペシャル ラムレーズン
モウはカップアイスのなかでもとくに好きな部類です。なんといっても他社にはないミルク感がいい。バニラ感ではない、ミルク感。そして今回はそんなモウから数量限定のフレーバーとしてラムレーズンが登場。パッケージから放たれるなぞの高級感。興奮してきた。
f:id:suiren1114swing0225:20171114150948j:plain

外枠をペキペキと外すとカップが露わになりますが、内ふたのデザインまでかっこいい。『M』と『W』が重ね合わせてある。都内の外資系企業のロゴかよ。

f:id:suiren1114swing0225:20171114151023j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171114151052j:plain

アイスの見映えはプレーンと似たような感じ。美白です。あやしいくらいに美白。
アイスはさすがのミルク感とリッチな雰囲気。低価格帯のカップアイス、プレーンアイスならやっぱりモウがおいしいと思います。そしてラムレーズンをひとくち食べますが、ラム酒がだいぶ強い。僕がおこちゃまなのか、、
モウはミルク感が強いアイスで、それに合わせるためにラムレーズンの風味も強めにしているのか。弱いとアイスの味に負けてしまうのでしょう。しかしながら、アイス強し、ラム酒強しとくると、食べ疲れてしまう。

f:id:suiren1114swing0225:20171114151115j:plain

半分でちょうどいいくらいです。2日にわけて食べるといいかもしれんな、これは。おいしいけれど、主張が強い。若干の押しつけがましさを感じる。もう1回食べたいというよりは、一度食べて満足するタイプの味です。


そういえば、ラムレーズンのアイスはどうして決まって秋や冬に登場するのか。なんでも、アルコールを含んだアイスはふつうのアイスよりも溶けやすいらしく、夏なんかに出すとあっという間に溶けてしまうかららしいです。ちゃんとした理由があっての季節限定販売らしく、いまの時期にしか食べられない味覚はいまのうちにたのしみましょう!