MENU

ラ・クープ/奥沢

f:id:suiren1114swing0225:20171102213533j:plain

La coupe
奥沢にあるフレンチレストラン。緑のファザードがかわいらしく、すぐに見つかりました。

f:id:suiren1114swing0225:20171102215557j:plain

週末に伺いましたが、予約で満席でした。

f:id:suiren1114swing0225:20171102215854j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171102215530j:plain

当店はカジュアル路線らしいのですが、内装はとてもクラシックで落ち着いており、照明も適度に落とされて雰囲気があります。これだよ、これ。期待感が高まります。

f:id:suiren1114swing0225:20171102222149j:plain

メニュー表を見ると、やはりこのお店はカジュアル路線みたいです。いちばん安いコースが2200円。魚と肉どちらも食べられるコースは3200円めちゃ安いやん。フレンチとしては破格でしょう。

f:id:suiren1114swing0225:20171102223600j:plain

連れがとった前菜。魚は鯛で、新鮮と銘打っているだけにぷりぷり。パルメザンチーズとの取り合わせがおもしろく、添えられた大葉が和のニュアンスを与えている挑戦的な一皿。

f:id:suiren1114swing0225:20171102223253j:plain

スープは菊芋でした。さらっとした口当たりで、なめらかな甘さのなかに芋の滋味を感じます。
うーん、大地の味!(言ってみたかっただけ)

f:id:suiren1114swing0225:20171102224712j:plain

パンは2種類。がっちがちに熱く、手で割けない。割けたら割けたでなかの生地がさらに熱い。バターナイフで割くといいとすすめられました。

f:id:suiren1114swing0225:20171103224418j:plain

当店はバターとリエットがどちらも出てきます。バターは2枚がっつり、リエットは豚と鴨で作ったものらしく、べたべたしすぎてなくさっぱりと食べやすい。パンが熱いから、のせるとどちらともじわじわ溶けていくんですよね。最高かよ。

f:id:suiren1114swing0225:20171102225312j:plain

魚料理は黒かれい。肉質に透明感があり、火入れしても固く引き締まらずにほろほろとほどけていきます。サフランとトマトを使ったソースの風味と酸味が白身にとてもよく合います。クラシックな軸の料理ですがまったく重くなく、すいすいと食べ進めてしまいました。本日いちばんのお皿、魚料理に限れば今年中で1、2を争うくらいおいしかった。

f:id:suiren1114swing0225:20171102230501j:plain

僕の肉料理は仔牛のパネアングレーズ。パン粉揚げです。ソースはフォンドヴォーにケッパーとドクラシック。しかし魚がおいしすぎた。どうしても霞んでしまう。おいしいんですけどね。

f:id:suiren1114swing0225:20171102231044j:plain

+1080円すると肉料理を別品に代えられるとのことで、連れは皿をチェンジ。鹿肉です。屈斜路湖付近で捕れた3~4歳くらいの牡鹿らしく、赤身肉は繊細さよりも力強いといった印象。味が強いんですよね。ソースはラズベリーを使ったもので、とても華やかな香りが鼻から抜けていく。
そう、それはまさに、野いちご畑を鹿が優雅に歩いているような、、(言いたかっただけ)
試しに連れに言ってみると、苦笑いされました。連れの想像力が欠落しているのか、僕がきもいのか、そのどちらかでしょうね。

ソースもおいしかったし、バターもリエットも充実していたのでパンを4つも食べてしまいました。お腹の具合としてはまあまあきてます。でも、フレンチのランチコースのデザートってだいたいひかえめなポーションだから、まあ大丈夫でしょう。

f:id:suiren1114swing0225:20171102232501j:plain

なるほどね☆☆☆
内容は、柿とりんご、いちごのソルベ、キャラメルのソルベ、チョコレートケーキ、クレームブリュレ。うーん、願わくば2回に分けて食べたい。しかしどのアイテムも一切の手抜きなし! チョコレートケーキはスポンジとムースの二層に分けられ、チョコレートはヴァローナ社のものを使用。クレームブリュレは表面ぱりぱり、バニラビーンズがたっぷりの実力派。ソルベは圧倒的な素材感。いちごのソルベはいちごの濃厚な甘さと酸味がそのまま。キャラメルのソルベは甘さよりも苦味が際立ち、そのへんにあるべたべたと甘いキャラメルアイスとは一線を画す味わいでした。多量の糖摂取で血圧が一気に上がったことでしょうな。

f:id:suiren1114swing0225:20171103101245j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20171103101311j:plain

コーヒーと紅茶を飲んでいると

f:id:suiren1114swing0225:20171103101428j:plain

マダムがヴェルヴェーヌのお茶を出してくださいました。舌に感じるメンソール感。すーすーします。紅茶ですが、どこか緑茶のニュアンスを感じます。


いやあ、すばらしいお店でした。フレンチでコスパどうこうをうんぬんするのはかっこわるいかもしれませんが、そんなことはどうでもいい。とにかく僕は当店のコスパを主張したい。当店は夫婦で経営しているみたいで、人件費が浮く分、客に還元されているのかもしれません。そして接客を担当するマダムが気さくではきはきと明るげ。フレンチにありがちな慇懃な態度ではなく、どこまでも客にとって心地よい距離感。食事がさらにおいしく感じられました。
料理、接客のバランス感覚が夫婦揃ってきれいに整い、まさに二人三脚。いつまでも元気で続いてほしいお店です。また来ます、ごちそうさまでした!