MENU

ぶどう酒食堂さくら/六本木

f:id:suiren1114swing0225:20170628112614j:plain

ぶどう酒食堂さくら
母体会社はトゥエンティワンコミュニティ。ワインを主に取り扱い、その業態から飲食店を展開。六本木に自社ビルを構え、『ワインショップソムリエ』をはじめ、フレンチ主体の『ル プティ マルシェ』、ブーランジェリー『ラトリエ デュ パン』、パティスリー『ココ アンジュ』、そして本日お邪魔する『ぶどう酒食堂さくら』すべてがこのビル内に入っています。
『ラトリエ デュ パン』と『ル プティ マルシェ』は訪問歴がありますが、写真不足なので後々記事にできたら!

f:id:suiren1114swing0225:20170707002033j:plain

建物の一階にあるのが当店。大きなピザ窯が迫力あります。

f:id:suiren1114swing0225:20170707002102j:plain

ル プティ マルシェでもそうなのですが、シャンデリアのガラスがワイングラスなんですよ!ワイン専門会社ならではのプレゼンテーションですね。すてきです。

f:id:suiren1114swing0225:20170707002329j:plain

カトラリーは引き出しから。

f:id:suiren1114swing0225:20170707002409j:plain

メニュー表が手書きでかわいらしい!1800円のコースにしました。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232011j:plain

五島列島福江島より活じめ鮮魚のカルパッチョ
お魚はハチビキとヒラマサ。赤いほうがハチビキです。はじめて聞いたわ。
魚は店に入る際にキッチンで丸々一匹をさばいているのを見ていたので、おいしいだろうなと選択したらやっぱりおいしかった!新鮮だから生臭くなく、添えられた海藻の食感もgoodだよ。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232604j:plain

サーモンの自家製マリネ
連れの前菜。ひとくちもらいましたが、ぱっとしませんでした。見た目も少し地味です。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232739j:plain

パンはフォカッチャ。もちもちした食感がおいしいんですが、温かくない。温めなおしてほしかった。

f:id:suiren1114swing0225:20170708232928j:plain

有機トマトのスパゲッティー ポモドーロ
ソースはぐつぐつ炊かれたものではなく、トマトは固形を残したフレッシュタイプ。トマト甘し。味は文句ないのですが、茹でがすこしかたい。

f:id:suiren1114swing0225:20170708233315j:plain

ズワイガニプッタネスカ
『娼婦風』の意味を持つパスタで、娼婦は忙しくていろいろなものをごたまぜにして食べていた、などその名称の由来は諸説あるそう。ケッパーやオリーブなどのうまみの強い食材が入り、トマトソースと抜群に合います。しかしプッタネスカお決まりの唐辛子とその辛さが見当たらない。当店は辛く仕上げないのかしらん。

f:id:suiren1114swing0225:20170708234659j:plain

ティラミス。うまい、、サイズ感もちょうどよく、クリームのなめらかさがすばらしい。ふわとろです。本日いちばんのお皿。

f:id:suiren1114swing0225:20170708235246j:plain

連れはシャーベット。なんだろう、最近のシャーベットって、いわゆるしゃりしゃり系ではなくなったの?行き当たるシャーベットみんながなめらかタイプなんですが。そしてこのシャーベットは味がよくわからなかった。色が茶色なので、キャラメル風なのかもしれませんが、ふつうのバニラアイスとかわりません。

f:id:suiren1114swing0225:20170708235525j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170708235805j:plain

連れはさくらティー。香りはさくら、味は緑茶より。さわやかな味で食後にぴったし。


可もなく不可もなく、といったところでしょうか。おいしいんですが、誰かに紹介したいような魅力もない。かといってもう行かないかと言えばうそになるかも、、うーん、むずかしいところです。今度はぜひピザを食べて行きたいと思います。値つけも良心的ですし、気軽なデートには最適だと思いました。