東京モンブラン

飲食店レビューブログ、東京モンブランです。このブログでは伺ったレストラン、カフェ、パティスリーなどをレビューしていきます。このブログがどうか皆様の飲食店探しの参考の一助になれたらと思っています。

サッカパウ/西麻布

f:id:suiren1114swing0225:20170703211306j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170703211455j:plain

サッカパウ
西麻布交差点近くにある、イタリアンレストラン兼バーのお店。きょうはサッカパウを行きつけにしている料理人と飲みます。サッカパウが行きつけとか何者だよ、、

f:id:suiren1114swing0225:20170812103623j:plain
f:id:suiren1114swing0225:20170812103509j:plain

カウンター席がとにかく洒落ています。地下にあるお店なので、地上の雑踏が響きません。

f:id:suiren1114swing0225:20170812103809j:plain

22時半くらいから入店したので、メニューはバー仕様。

f:id:suiren1114swing0225:20170812104209j:plain

コースメニューから「これが食べたい!」という一品を決めて食べることも可能みたいです。融通の効くお店です。

f:id:suiren1114swing0225:20170812104426j:plain

連れの取った白ワイン。銘柄は覚えていません。以外、すべてのワインの銘柄はよく覚えていません、会話が弾んでしまって、、
ただ、サッカパウは旧世界のワイン(ヨーロッパなど、ワインの歴史が長い国のワイン)より、新世界(近年ワインの生産が始まった国、オーストラリアやアメリカ、チリなどのワイン)のほうが多め。日照時間が長いため、ぶどうが熟して果実味が強いものに仕上がる傾向があります。

f:id:suiren1114swing0225:20170812105245j:plain

僕はサングリア。最近強いお酒を避けていますので、これでがまんです。とはいえこのサングリア、なかなか侮れないおいしさです。

f:id:suiren1114swing0225:20170812105438j:plain

つきだしの品は、黒いのが竹炭の煎餅、もうひとつは忘れた。味はふつうでしたが、なにこれ!というアミューズの高揚感を演出してくれました。

f:id:suiren1114swing0225:20170812105808j:plain

カトラリーは引き出しから。これだけカウンターが洗練されていたら、上にごちゃごちゃ置くと邪魔なんでしょう。よく考えられています。

f:id:suiren1114swing0225:20170812110030j:plain

ポテトフライ
ベタな品ですが、かかっているものは玉ねぎとマッシュルームの粉末だったかな? らしいです。はずさない一品。

f:id:suiren1114swing0225:20170812110259j:plain

菜園風サラダ
とってもフォトジェニックでうつくしいです。サラダにはたくさんの野菜があしらわれ、なかでもホワイトアスパラガスがしゃきしゃきとおいしい。横には野菜のピューレ。上からパプリカ、にんじん、たまねぎ、ビーツ、グリンピース、セロリ、エストラゴン。、、だったかなあ、、笑

f:id:suiren1114swing0225:20170812110957j:plain

連れの赤ワイン。

f:id:suiren1114swing0225:20170812111124j:plain

生ハムの盛り合わせ
4種類の生ハムです、いずれも上質なのですが、ロースの生ハムがいちばんおいしかったなあ。

f:id:suiren1114swing0225:20170812111320j:plain

と、ここでお店からワインのサービス!赤ワインほしかったんですよーありがとう行きつけのひとはやっぱりちがうわ。



すてきなお店でした。さすが東京!西麻布!って感じでした。がちゃがちゃしていない、落ち着いた大人なお店、自分ひとりだったら絶対に入らないもんなあ、、自分の知らない世界を知っているひとと知り合いだと、たのしい体験ができてうきうきします。
次はディナーでコースを食べたいな。